FC2ブログ
川崎の鍼灸院、元気堂の院長(女性鍼灸師)のブログです。 身体にいいことや美容に関すること、そしてたまに 私事なども書いています
多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)
2013-12-16 Mon 17:23
卵巣で局所的に男性ホルモンが上昇することで
卵胞が卵巣内で成長を止め
排卵障害が起こるものが
多嚢胞性卵巣症候群と呼ばれ
不妊の原因の一つとされています

診断基準としては
①月経異常がある
②卵巣のエコー画像で多数の小さな卵胞が確認できる(ネックレスサイン)
③血中の男性ホルモン値が高いまたは
 黄体形成ホルモン(LH)が高いが卵胞刺激ホルモン(FSH)が正常
以上3つの全てを満たす場合に
PCOSと診断されます

妊娠を希望する場合は
排卵誘発剤による排卵促進
腹腔鏡下で卵巣表面の小卵胞に
レーザーなどで穴をあける
『焼灼術』をおこなったりして
卵胞の発育や排卵を促します
その結果妊娠、出産できる機会が増えてきています

近年、注目されているのは
PCOSと
高血圧や糖尿病、
メタボリックシンドロームなど
生活習慣病との関連です
原因詳細は未だ不明ですが
PCOSの方は生活習慣病にかかるリスクが
一般より高いようです
PCOSを克服して妊娠、出産された方も
定期的に産婦人科を受診して
チェックする様にして
注意することが必要です
別窓 | 未妊・不妊 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<自律神経の乱れ | 美と健康のおもてなし 元気堂院長の元気なブログ | 12月のお休み>>
この記事のコメント
top↑
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
top↑
| 美と健康のおもてなし 元気堂院長の元気なブログ |