FC2ブログ
川崎の鍼灸院、元気堂の院長(女性鍼灸師)のブログです。 身体にいいことや美容に関すること、そしてたまに 私事なども書いています
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
不妊を東洋医学的に考える あなたはどちらのタイプ?
2016-03-26 Sat 15:47
これまで不妊の原因を
東洋医学的に大まかにざっくりと
血虚と瘀血という
二つの原因としてお話ししました

さて改めて自分の体は今、どのような状況なのか?
血が不足してるのか?
または滞りがあるのか?
セルフチェックしてみましょう

血虚
・やせて手足や全身が冷えやすい
・顔が白いまたは頬だけピンク色
・皮膚や爪が乾燥している
・髪につやがない
・唇が荒れやすい
・冷えると生理痛が起こることがある(同時に腰や下腹部の痛み)
・生理がだらだらと長引くことがある
・不正出血して貧血がある
・生理中も含め下痢しやすい
・流産歴がある

瘀血
・肌がくすみがち、黒っぽい
・シミやそばかすが目立つ
・足はよく冷える
・月経が少ないまたは遅れる
・生理痛とともに腰痛がある
・不正出血が続いても気分が悪くない
・下腹部を押すと痛みが出る
・便秘がち
・食欲あり

皆さん、いかがでしょう?
どちらが多くあてはまりましたか?
時には両方という方もいらっしゃるかもしれませんね
どちらにしても、
以前こちらのブログに書いた養生法などを
参考にしていただければと思います

次回は不妊に対して鍼灸で期待できることをお話しします
スポンサーサイト
別窓 | 未妊・不妊 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
4月のスケジュール
2016-03-21 Mon 17:24
本日、東京でも平年より5日早く
桜の開花が発表されました
だんだん暖かくなり気分も上がりますね

ただ・・・・
冬の間、ちょっと不養生してしまった方は
この時期にしんどくなることが多い傾向が・・・
早めにケアしておきましょう

さて4月のスケジュールです
通常第3日曜日を定休にしておりますが
今月に限り

第1日曜日(3日)をお休みとさせていただきます

17日の第3日曜は通常通り営業いたしますので

ぜひご利用くださいませ
別窓 | お知らせ | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
不妊を東洋医学的に考えると・・・その2瘀血
2016-03-21 Mon 16:44
前回は「血」の不足・・いわゆる虚が原因の不妊のおはなしでした

今回は血液の滞り・・いわゆる瘀血の不妊のおはなしです

瘀血とは血液が一か所に滞って
全身に栄養がいきわたらない状態をいいます
当然、子宮の血行も悪くなって堅くなり冷えているので
瘀血があると妊娠しづらくなります

「血液ドロドロということですか?」という質問をよく受けますが
ドロドロ血とはまた異なる状態です
もともと女性は月経があるので瘀血ができやすいといわれます
瘀血が停滞する部分は
おへその周辺から下腹部全体が主で
そのため下半身が冷えています
ただ人間は全身冷えると死んでしまうので
逆に上半身には熱が多くなってのぼせやすくなります

「瘀血」をつくる様々な原因

まずは食生活面
前回、「血」は気が動かすとお話ししましたが
「気」も冷えた状態では動きが悪くなります
冷たい食べ物や生野菜などを多く食べると
身体が冷えて「気」の巡りも悪く血の滞りを招くので
できるだけ控えましょう

また以前に交通事故や転落して打撲するような事故に遭ったことがある方
扁桃炎などで熱が出やすかった方
肝臓や胆嚢の病気になったことがある方
現代医薬を長期間服用していたなど
過去の経歴も「瘀血」の原因になることがあります

活動不足も「瘀血」を助長します

1日30分のウォーキングや
エアロビクスなどの有酸素運動は
「血」がよく巡るようになります
日常生活の中でより多く体を動かすように心がけましょう

イライラは大敵

腹が立つことがあっても我慢する
くよくよしたりあれこれ心配していると
「気」の流れが滞り「瘀血」になってしまいます
イライラすることもありましょうが
意識的に気分転換を図りましょう

スマイル・スマイルで
「気」の流れをスムーズにして「瘀血」解消!!


別窓 | 未妊・不妊 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
不妊を東洋医学的に考えると・・その1血虚
2016-03-18 Fri 18:57
妊娠を希望しているのになかなか赤ちゃんが授からない

不妊に関しては人それぞれに
様々な原因があって
なかなかひとくくりにはできませんが
東洋医学的では大まかに
血そのものが不足している血虚の状態と
体のどこかで血の滞っている瘀血の状態の
2パターンに分けられると思います

その1ではまず血虚の状態から

血が虚しい・・すなわち血の不足です
血が不足すると子宮が冷えて妊娠しづらくなります


「血」不足の大きな原因はまず食生活

きちんと3食召し上がってますか?
「血」の材料は皆さんが召し上がる食べ物です
「血」の材料となる食材や
胃腸の働きを高める食材をしっかり摂りたいものです
ただしいきなり大量に食べるのは禁物!!
少しづつでいいので長期的に取り入れましょう

「血」は自分の力では動くことができません

「血」の役割は全身を巡って栄養や潤いを運ぶこと
その運搬には「気」が不可欠です
イライラや落ち込みは気の循環を妨げる大きな原因です
明るく楽しい気分を持つと「気」の巡りがよくなり
「血」の回転率はグッとアップ!!

「血」が作られるのは夜の時間帯

特に睡眠をとる時間帯です
この時は体を活動させず休むことが大切
夜更かしは「血」の不足を招きます
なるべく早く休息モードに切り替えましょう

需要と供給のバランスも大事

頑張ってたくさんの「血」を作り出しても
それ以上に使う量が多ければ血虚の状態になります
目を使うのも筋肉を動かすのも
脳でものを考えるのも
全て大量の「血」を必要とします
長時間、スマホを見たり
必要以上の精神労働は
「血」の無駄遣いになるので
避けましょう

何事も瞬発力でなく持続力が肝心です
この機会にご自分の生活を見直してみましょう

次回その2は瘀血のおはなしをします





別窓 | 未妊・不妊 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
快適な睡眠を手に入れる
2016-03-13 Sun 18:50
このところ天候も定まらず
20度越えの日もあれば
今日は、真冬のコートで出勤です
予報では寒いのは明日まで
火曜日からは暖かくなるとのこと
どうか当たりますようにと願うばかりです

さて毎年3月18日は「睡眠の日」です
なかなか寝付けない
途中で目が覚めてから寝付くまで時間がかかる
早朝に目が覚めてしまう
といったお悩みも
臨床の場ではよく聞く症状です
この機会によりよい睡眠が得られるように
睡眠環境を整えてみるのはいかがでしょう

特に冬から春の季節の変わり目は
自律神経のバランスが崩れやすく
これに伴い睡眠のバランスも崩れやすいといわれています

ぐっすり眠るためには
心身の緊張は最大の敵です
ぬるめのお風呂につかってゆったりしたり
ベッドに入ったらゆっくり呼吸するなどで
全身の緊張をゆるめてあげましょう

光の影響も意外に大きく
夜間の明るい光は脳を興奮させ
睡眠ホルモンのメラトニンの分泌を抑えて
眠りにくくなります

テレビやパソコン、スマホは早めに切り上げて
睡眠モードに切り替えましょう

新年度を迎えるにあたり
毎日、残業続きで
睡眠不足の方も多いと思います
短期間でも質の良い睡眠がとれるよう
ご自身に合ったリラックス法を見つけてみてくださいね



別窓 | 養生 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
| 美と健康のおもてなし 元気堂院長の元気なブログ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。